Google+

臨床経絡

「経穴ゲートスイッチ理論」に基づいた臨床現場で役立つ経絡治療の紹介

沢山の東洋医学の理論があり、それを学校で学びますがどのように運用するかまでは教えてくれません。「経穴ゲートスイッチ理論」を理解すれば知識が臨床に活かせるようになります。

ここでは「入門」「症例集」「臨床ひろば」「異論な医論」の4つのテーマに分けて紹介しています。

臨床ひろば

死脉のこと (2)・・・父の死脉(七死の脉)

父は1988年に他界しましたがその亡くなるまでの数日間の内に色々な死脉を診ることができました。死脉は「脉法手引草」によれば雀啄(じゃくたく)・屋漏(おくろう)・弾石(だんせき)・解索(かいさく)・魚翔(ぎょしょう)・蝦遊(かゆう)・釜払(ふふつ)の7種類があっていずれの脉も死ぬか死ぬほど重篤な病に陥った時の脉だとされていて「七死の脉」と呼ばれます。

父は当時の医学では病因が充分説明できないまま間質性肺炎で亡くなってしまいました。しかし現在解っている色々な医学情報に照らし合わせてみると今でこそ説明できることが見えてきます。
つまり父はnonAnonB型肝炎と診断されて3年半にわたって慢性肝炎の治療を受けていましたが、おそらく慢性の肝炎と言うのはC型肝炎だったと思います。

当時は慢性肝炎に小柴胡湯を処方することが多くありました。結果、その副作用によって間質性肺炎を起こしてしまったのがそもそもの原因だったようです。
当時まだC型肝炎は確定されておらずその病態も私達は充分知らされていませんでした。

私自身の事を言えばまだ鍼のことだけで精一杯で漢方薬の勉強まで手がまわっていませんでしたから小柴胡湯を飲むと上腹が張って気持ち悪いと父が言うのを「漢方薬は副作用が無いから」などと馬鹿なことを言って無理に飲ませたりしていました。結局発症から3年半後に間質性肺炎を起こして入院10日間にしてあっという間に亡くなってしまいました。

入院して4日ほどは熱性疾患特有の脉(浮洪大数)をしていましたが徐々にその勢いが増していき「解索」の脉を診るに至りました。この脉は一見ただの熱性疾患の脉の様にも診えますが脈絡のないような一拍一拍の中に更にザラザラしたような脈動を感じるのです。初めて診る脉なので「脉法手引草」を片手に状況からしてこれが「解索」の脉なんだろうなと判断しました。

その2日後に医者から予後不良の宣告を受けましたがあまり驚くことはありませんでした。5日目から9日目までは「解索」の脉が続いていましたが亡くなる最後の一日は尿量の減少に伴い硬く一見力強そうだがちょっと指で押すと今までの硬さはどこかに散り々々になって姿が見えなくなってしまうような脉(おそらく「弾石」の脉)がしばらく続きました。

それからしばらくして意識がなくなる頃にはよくよく注意しないと脉を見逃すほど脉がか細くなりスーットン、スーットンといった今にも途絶えてしまいそうな脉(おそらく「魚翔」の脉)を診ました。そしてその数時間後にはとうとう亡くなってしまいました。

父の死に際に診た脉は急性劇症の脉とその後の予後不良の多臓器不全末期の脉でそれまで私が臨床で診てきた循環器疾患の発症を予兆するような脉状とは全然違っていました。鍼灸師が臨床現場でこのような重篤な脉状を観察することはあまりありませんので私にとっては貴重な経験となりました。



<参考> 七死の脉(「脉法手引草」より抜粋)

雀啄

じゃくたく

連なり来ること三五啄、是れを候うに指の下に急に連なり来て息数なし。俄に絶して暫く来らず。筋肉の間にありて雀の物をついばむがごとし。此脉を見わせば四五日は保つ事有りといえども、脾胃の絶脉なるが故に終には死するなり。

屋漏

おくろう

半日に一滴落つ。是れを候うに、筋肉の間にありて、時々踊りて相続かず、二息の間に只一動も来り又暫く止るなり。屋の雨漏の連り落ちて又止まるが如し。此の脉を見わせば胃の気の絶脉なるが故に死するなり。

弾石

だんせき

硬くして来り、尋(たず)ぬれば即ち散ず。是を候うに、石を弾くが如し。按すも挙ぐるも強く物を提(ひっさ)ぐが如く集り来るなり。腎と肺との絶脉なり。

解索

かいさく

指を搭(う)って散乱す。是を候うに筋肉の上にあり。動はやくしてちりじりになりて集まらず、乱れ縄を解く状(ジョウ:かたち)の如し。五臓の絶脉なるが故に死期にあらわるゝ脉なり。

魚翔

ぎょしょう

有るに似又無きに似たり。是を候うに。皮膚にあり。去る事疾く、来る事遅し。寸部には脉動かずして、魚の尾ばかりひらひらと動かす形のごとし。腎の絶脉なり。是を見わせば六時より外は生きずといえり。

蝦遊

かゆう

静かなる中に踊ること一躍なり。是を候うに、皮膚にあり。細く長く来るなり。能々尋ぬれば失せて行方知らず、見われる事は遅く、失せることは早し。蛙の水中に遊んで卒かに水の底に入り又水の面にあらわるるが如し。脾胃の絶脉なるゆえに立所に死するなり。

釜払

ふふつ

躁(さわがし)くして定りがたし。是を候うに、皮肉にあり、出る事有りて入る事なし。肥たる羮(コウ:あつもの)の上を探るが如し。指の下に湯の湧きたる如く覚るなり。この脉旦(あした)に見わるれば夕に死し、夕に見わるれば旦に死すと知るべし。

死脉のこと(1)…初めて死脈を診た時のこと

私が開業して2年目の冬、父から預かっていた78歳の女性が心筋梗塞で亡くなりました。私は亡くなる1週間前にこの患者さんの死脉を診ましたがそれが死脉を実際に観察した最初の症例でした。

元々この患者さんの固有の脉状はヤヤ洪・ヤヤ大・革・代でバッカバカと騒がしく打つ不整脉の強い脉状でいつ何が起きてもおかしくないような脉状でしたが最後に診た脉はいつもとは全く違って診えました。
洪、大がなく代も僅かで一見非常に穏やかな脉に診えました。一瞬随分と落ち着いておられるなと思ったのですがそれと同時に何か嫌な予感がしてもう一度手を取りなおしてよく診ると、、、

中脉がどこを探しても無い、、、

いつも溢れるようにバッカバカと乱れ打つ脉が、まるで嵐の去った後のように静寂としています。しかしそれは喜ばしいことではなく生命の危機を意味するのです。つまり中脉が無いということは胃の気が無いということで命の綱が途絶えてしまったことを意味します。

知識としては知っているのですが実際に診るのは初めてで慌てました。初めて死脉らしきものを診たので確信が持てません。どう対処して良いのか判りません。ただ頭の中で「胃の気の脉を補わなければ!」と繰り返しているだけでした。死脉と言うのはそれが観察されるときは患者の状態も見た目にも重篤な状態に陥っているように見えると思っていたのに目の前の患者が訴える症状といえばいつもの慢性的な下肢の神経痛だけなのです。
これではどちらが本当の患者の病態なのか経験の浅かった私は判断に確信が持てませんでした。結局、所定の治療を行ってみて中脉の変化を見ることにして、本治法を行ってみると陰陽のバランスは割りとスムーズに整うのに中脉が出せない。


結局、中脉を出せないまま治療を終わってしまいました。全てが初めての体験でこれから何が起こるのか想像もつかないけれど不安でいっぱいでした。それから2・3日は気になっていましたがその内思い過しだったのかなと思うようになりそうこうするうちに1週間が経ちました。


訃報が家族から届いたのはその1週間目の朝でした。昨晩、就寝中に心筋梗塞で亡くなったそうです。不安は現実のものとなってしまったのです。それ以来、あの時こういう事態を避けるためにもっと積極的にアプローチするべきではなかったか、自分にできることはなかったか色々自問自答しました。しかしあの時点では自分の力だけではあの患者を救うことは結局できなかったのだろうと今は思います。そしてその一番の理由は私が経験不足で自分の診脉力を信じきれなかったことです。今なら少なくとも患者に注意を喚起したり家族に助言するなりできるのですが、、、
次に患者の動脈硬化が元々かなり進展していて何か事あればそれを乗り切れるほどの生命力がなかったこと。そしてその生命力を高めるだけのパワーのある治療がその頃の私にはまだできていなかったことなどが主な理由です。

勿論、患者の年齢や体質などによって動脈硬化の進展の度合いは違いますからいくら経絡治療をしていてもいずれは動脈硬化は進展していくのですがその進展の度合いをゆっくりしたペースに落とすことは経絡治療でできると思っています。

それからこの20年間で幾つかの死脉に出逢いましたが死脉を触れた時のあの何とも言えない不快感にはまだ慣れません。ただその中の多くは経絡治療によって重篤な状態に陥ることを防げることもすくなからずあると思っています。(1999.1.1)

「臨床経絡入門 脈診」 脈差診と脈状診の違い 鍼治療の可能性(Part1) 鍼治療の可能性(Part2)

鍼で癌は治せるか?

BlogPccancer

こたえはわからない。

たしかに今までに鍼治療だけで末期癌の患者さんが完全に治癒した例を症例として持ってはいますがそれが鍼によってそうなったのかどうかを評価するには数が少なすぎますし同じ状況で残念ながら亡くなった症例もあります。
ただ、この30年間で10年以上継続治療(健康管理目的)している私の患者さんが癌になられたのは十数例しかなく(カルテを全て精査した訳ではないので大まかな数字ですが)、その中で亡くなられた症例は2人だけです(悔しいのでよく覚えています)。

厚生労働省によれば「日本人の2人に1人が癌に罹り3人に1人が死亡する」と言うけれど、鍼灸治療を継続している人を対照に癌の罹患率・死亡率を統計すれば全く違う数字になるのではないかと思います。
(当院だけでみると5.4人に1人が癌になりその内の10.5人に1人が亡くなる計算になりました。)
graff02古賀はり灸院graff03厚生労働省
グラフのサンプリングにはそれぞれの条件が異なりますので単純に比較はできませんが患者さんで癌になる方が少ないこと仮に癌になっても癌死に至らないことは印象として強く持っています。偶々そういう患者さんばかり集まってみえていると言えばそれまでですが。

もちろん、罹患後は外科的治療などを併用しています。決して鍼灸治療だけでごり押しして解決している訳ではありませんが鍼灸がお役にたっているという実感はあります。

選穴は宝探し

「経穴ゲートスイッチ理論」を運用することの一番の特徴は普通の技術の鍼灸師が最初の一鍼で相当の効果をあげることができる方法のひとつだということです。そこに鍼を刺す技術に関しては名人芸は要りません。ただし病証を弁別するちから取穴のちから流注の把握はよく磨いたほうがより効果的な治療を行えます。特に問診は大切です。

比較的病が浅い場合は初めの一本の鍼で症状が軽減したり消失したりします。実際の臨床現場では何本も刺してやっとこれだけなんていうのもありますが一鍼でここまでやれるというチャンスも少なからずあります。そのチャンスをみすみす逃す手はありません。「経穴ゲートスイッチ理論」はそんな時チャンスを逃しません。

まず問診によって病症がどの経絡から由来しているのかが解ります。その判断には流注をよく把握していることが役立ちます。次にその由来する経絡に影響を及ぼす経穴の中でどれを選ぶかを判断します。この判断にはその臨床家のセンスや経験などが活かされます。

私はこの選穴を「宝探し」と思っています。

それはどの経穴を使うかで一鍼目の効果が全然違うからです。やはり効果が大きい方が患者さんからの評価も違ってきますから経穴選びはとても大切です。

鍼治療の可能性(Part2)

鍼治療の可能性(Part1)では鍼をするという行為から生まれる可能性を鍼の技術面に絞って書いたが鍼治療にはもうひとつ可能性がある。

人間が持っている「自動調整能力(自然治癒力)」を最大限引き出せるかもしれないという可能性だ。

つまり、下図のように患者さんが病を克服できるだけの生命力(自然治癒力・自動調整能力)を持っていてもそれが100%機能していなければ治る病も治せない。
そこで鍼治療を施すと機能していなかった分が機能し始めるので治癒に向かうことができるようになると言う可能性だ。

治癒力01

しかし、病が患者さんの生命力を上回っている場合はいくら鍼治療をして100%機能させることができたとしても治癒に向かわせることはできない。

しかし、食養生・運動療法や環境整備をすることで患者さんの生命力に伸びしろができる可能性があればそれを実行することによって治癒に向かわせることができるはずだから勢い注文の多い鍼灸師になってしまいます。

治癒力02


鍼治療で何でも病が治るとは決して言わないけれど鍼治療の可能性は信じている。
ただこの可能性はどこまで行っても患者さんの生命力と養生の実践が頼みであることには変わりない。
Facebook
アクセス
  • 累計: