buttonNangyo


五十一難(病理:温・寒)

五十一の難に曰く、病に温を得ることを欲するものあり、寒を得ることを欲するものあり、人を見ることを得んと欲するものあり、人を見ることを得んと欲せざるものあり、しかして各々同じからず。病何れの蔵府に在るや。しかるなり、病寒を得んと欲して、人を見ることを欲する者は病府に在り、病温を得ることを欲して、人を見ることを欲せざる者は病、蔵に在り。何を以もって之を言えば、府は陽なり、陽病は寒を得ることを欲し、又人を見ることを欲す。蔵は陰なり、陰病は温を得ることを欲して、又戸を閉ぢて独り処ることを欲して人の聲を聞くことを悪む。故にもって蔵府の病を別ち知るなり。


五十二難(病理:病位)

五十二の難に曰く、府蔵の病を発す根本、等しきや否や。しかるなり、等しからざるなり。何かん。しかるなり、蔵病は止つて移らず、その病、その処を離れず。府病は彷彿、賁嚮し、上下行流し、居処常無し。故に此をもって、蔵府根本同じからざることを知るなり。
 

五十三難(病理:証の伝変)

五十三の難に曰く、経に言う、七伝の者は死し、間蔵の者は生くとは何んの謂ぞや。しかるなり、七伝はその勝つ所に伝え、間蔵はその子に伝うるなり。何をもって之を言えば、たとえば、心病肺に伝え、肺肝に伝え、肝脾に伝え、脾腎に伝え、腎心に伝う。一蔵再び傷れず、故に七伝の者は死すと言うなり。たとえば心病脾に伝え、脾肺に伝え、肺腎に伝え、腎肝に伝え、肝心に伝う。是れ子母相伝えて竟つて、復た始まる。環の端無きが如し、故に生くというなり。


五十四難(病理:予後)

五十四の難に曰く、蔵病は治し難く、府病は治し易しとは何んの謂ぞや。しかるなり、蔵病治し難きゆえんのものはその勝つ所に伝うなり。府病治し易きはその子に伝うるなり。七伝間蔵と法を同じうするなり。


五十五難(病理:積聚)

五十五難の難に曰く、病に積あり、聚あり、何をもって之を別たん。しかるなり、積は陰気なり、聚は陽気なり、故に陰は沈んで伏し、陽は浮んで動ず、気の積む所を名けて積といい、気の聚る所を聚という。故に積は五蔵の生ずる所、聚は六府の或す所なり。積は陰気なり、その始めて発する常の処有り、その痛み、その部を離れず、上下終始する所あり、左右窮る処の所あり。聚は陽気なり、その始めて発するに根本なし、上下留止する所なし、その痛み、常の処なし、之を聚と謂う。故に是をもって積聚を別ち知るなり。


五十六難(病理:五積病の伝変)

五十六の難に曰く、五蔵の積、各々名有りや。何れの月何れの日をもって之を得る。しかるなり、肝の積を名けて肥気という、左脇下に在って覆杯の如く、頭足有り。久しくして愈えざれば人をして咳逆、カイ瘧(マラリア)を発して歳を連ねて己えざらしむ。季夏戊巳の日をもって之を得、何をもって之を言えば、肺病肝に伝う、肝当に脾に伝うべし、脾は季夏適に王ず、王ずるものは邪を受けず、肝復た肺に還さんと欲す、肺肯(アエ)て受けず、故に留結して積をなす。故に知らんぬ、肥気は季夏戊巳の日をもって之を得ることを。心の積を名けて伏梁という、臍の上に起って大さ臂(ヒジ)の如し、上心下に至る、久しくして愈えざれば、人をして煩心病ましむ。秋庚辛の日をもって之を得、何をもって之を言えば、腎病心に伝う、心当に肺に伝うべし。肺は秋をもって適に王ず、王ずるものは邪を受けず、心復た腎に還さんと欲す、腎肯て受けず、故に留結して積をなす、故に知らんぬ、伏梁は秋庚辛の日をもって之を得ることを。脾の積を名けて痞(ヒ;ツカエ)気という、胃脘に在って覆して大さ盤の如し、久しくして愈えざれば、人をして四肢収らず、黄疸を発し、飲食、肌膚とならず。冬壬癸の日をもって之を得、何をもって之を言えば、肝病脾に伝う、脾当に腎に伝うべし、腎は冬をもって適に王ず、王ずるものは邪を受けず、脾復た肝に還さんと欲す、肝肯て受けず、故に留結して積となる。故に知らんぬ、病気は冬壬癸の日をもって之を得ることを。肺の積を名けて息賁という、右の脇下に在って覆して大さ杯の如し。久しくして己えざれば、人をして洒浙として寒熟し、喘欬し、肺壅(ョウ;フサグ)を発す。春甲乙の日をもって之を得、何をもって之を言えば、心病肺に伝う、肺当に肝に伝うべし、肝は春をもって適に王ず、王ずるものは邪を受けず、肺復た心に還さんと欲す、心肯て受けず、故に留結して積となる。故に知らんぬ、息賁は春甲乙の日をもって之を得ることを。腎の積を名けて賁豚という、小腹に発して上心下に至り、豚の状の若く、或は上り、或は下り、時なし。久しくして巳えざれば人をして喘逆して骨痿(ナ)え、少気ならしむ。夏丙丁の日をもって之を得、何をもって之を言えば、脾病腎に伝う、腎当に心に伝うべし、心は夏を以って適に王ず、王ずるものは邪を受けず、腎復た脾に還さんと欲す、脾肯て受けず、故に留結して積となる。故に知らんぬ、賁豚は夏丙丁の日をもって之を得ることを。此れ五積の要法なり。


五十七難(病理:泄)

五十七の難に曰く、世に凡そ幾くか有る、皆名有るや。しかるなり、世に凡そ五有り、その名同じからず、胃泄有り、脾泄有り、大腸泄有り、小腸泄有り、大瘕(カ)泄有り、名けて後重という。胃泄は飲食化せず、色黄なり、脾泄は腹脹満し、泄注し、食すれば、即ち嘔吐し逆す。大腸泄は食し巳めば窘(キン:クルシム)迫し、大便の色白く、腸鳴って切痛す。小腸泄は溲して膿血を便し、小腹痛む。大瘕(カ)泄は裏急後重し数々圊(カワヤ)に至って便すること能わず、茎中痛む、此れ五泄の要法なり。
 

五十八難(病理:傷寒・脈診)

五十八の難に曰く、傷寒幾くか有る、その脈変有りや否や。しかるなり、傷寒五有り、中風有り、傷寒有り、湿温有り、熱病有り、温病有り、その苦しむ所各々同じからず。中風の脈は陽浮にして滑、陰濡にして弱、湿温の脈は陽浮にして弱、陰小にして急、傷寒の脈は陰陽倶に盛にして緊濇、熱病の脈は陰陽倶に浮、之を浮べて滑、之を沈めて散濇、温病の脈は諸経に行在して何れの経の動たる事を知らず、その経の所在によって之を取る。傷寒汗出て愈え、之を下して死する者有り、汗出て死し、之を下して愈る者有るに何んぞや。しかるなり、陽虚陰盛は汗出て愈え、之を下せば死す。陽盛陰虚は汗出て死し、之を下せば愈ゆ。寒熱の病、之を候うこと如何ぞや。しかるなり、皮寒熱するものは、皮席に近くべからず、毛髪焦れ、鼻藁(カワキ)て汗することを得ず。肌寒熱するものは、皮膚痛み、唇舌藁れ、汗無し。骨寒熱するものは病安んづる所なく、汗注いで休まず、歯本藁れ痛む。


五十九難(病理:狂癲)

五十九の難に曰く、狂癲の病、何をもってか之を別たん。しかるなり、狂疾の始めて発するや臥すこと少くして飢えず、自ら賢を高ぶり、自ら智を弁じ、自ら貴に居るなり、妄りに笑い、歌楽を好み、妄りに行って休まざる是なり。癲疾の始めて発するや、意楽しまず、僵仆直視す。その脈三部陰陽倶に盛なる是なり。


六十難(病理:頭痛・心痛)

六十の難に曰く、頭心の病に厥痛有り、真痛有りとは何の謂ぞや。しかるなり、手の三陽の脈、風寒を受け伏留して去らざるもの則ち厥頭痛と名づく。入って脳に連り在するものを真頭痛と名づく。その五蔵の気相干すと厥心痛と名づく、その痛み甚しきこと、ただ心に在って、手足青ゆるものを即ち真心痛と名づく。その真心痛の者は旦に発すれば夕に死し、夕に発すれば旦に死す。


続きを読む